治療を断念する方もいるくらい、イン

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。
現状では最低線が十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。
でも、気にしなくて良いです。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。
ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。
インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。
保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ