大きな効果を得られるインプラント治療ですが、

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。
それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。
ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。
複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。でも、気にしなくて良いです。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。
ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。歯科治療の一環として、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。
これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。他の治療が難しい患者さんにお薦めします。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ