人工歯の中でも、インプラント

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。
あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。でも、気にしなくて良いです。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ