インプラント治療は多くのケースでと

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。
障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療はかなりの費用を要することは確かです。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。
それは気にしないでください。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ