インプラント埋入手術では局所麻酔を

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。 入院して手術することはまれです。 ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。 また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。 自分の... 続きを読む

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わる

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。 どんな堅牢なインプラ... 続きを読む

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブ

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。 いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。 ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせる... 続きを読む

人工歯根をあごの骨に埋め込む

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。 数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさ... 続きを読む

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。デンタルケアを欠かさないことが重要です。 毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。 インプラン... 続きを読む