人工歯根を埋め込む手術

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。しかし、それは正しくありません。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。
現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、当然ながらデメリットもあります。最大のデメリットは費用が高額になることです。
高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ