隣の歯の状態から見れば

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
インプラント 値段

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ