場合によると火傷してしまう

脱毛エステを受けた時、場合によると火傷してしまうこともあると耳にします。
脱毛エステで多く導入されている光脱毛は、黒い色素に反応するメカニズムになっていて、日焼けしている部分やシミの濃い部分については火傷になる場合があります。
日焼けが目立つところや濃いシミのあるところは施術しないようにしますが、日焼けをしないよう心がけましょう。
途中で脱毛エステをやめたくなったら、解約違約金などのペナルティー料を支払う必要があるでしょう。
ペナルティーの料金は法律で決められた上限がありますが、現実にいくら支払う必要があるのかは、お店の担当者に、確認することが重要です。
後々後悔しないように、契約をする前に、途中でやめるケースについても聞いておく必要があります。
脱毛エステは誰もが聞いたことのあるような、良く知られている大手さんの方が後悔を感じることが少ないという意見が多いです。あまり名前の知られていないような小・中規模のお店では、大手と比べるとエステティシャンの技術そのものが、効果に疑問を持ってしまうようなレベルのものであったり、客に対する気遣いが感じられないような態度を取られたりすることもあり、困ります。
大手のお店の方がはるかにスタッフの教育がされていて技術も接客態度も高いレベルにありますし、万が一起こるかもしれないトラブルへの対応もちゃんとした信頼できるものでしょう。軽い気持ちで脱毛エステのお店に行ったら、そのお店に通うように説得され、勧誘されるかもしれない、と思っている人は多いかもしれません。
でも、実は、近年の様子ですが、勧誘という行為が一切禁止されている脱毛エステの店舗も増えてきたようです。
勧誘されると断れないかも、という心配のある人はそんな「勧誘禁止」を明示した店舗を選択するべきかもしれません。
ただし、体験コースなどお店のサービスを受けにいく場合、勧誘を受ける確率はそこそこ高いかもしれないと考えておくといざという時に慌てなくて済みますね。脱毛エステはどれほどの期間通うかというと、2、3か月に1回ほどの施術を満足がいくまで続けるため、全員同じというわけではありません。
6回の施術で納得できたなら、おおよそ1年から1年半ぐらいの期間です。
一般的には、一箇所で12回ぐらいする必要がありますから、2年から3年かかります。
施術が毛周期に沿ったものでないといけないということで、毎月受けても大きな効果は得られません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ