インプラント埋入手術では局所麻酔を

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院して手術することはまれです。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。
自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
不断のケアが求められます。
食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。
化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ