言うまでもなく、インプラント

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。
インプラントの値段を維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントの値段が脱落する可能性もあります。
自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントの値段と骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。インプラントの値段治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。
インプラントの値段は、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。一口にインプラントの値段治療といっても、3ステップあると考えてください。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
高額なインプラントの値段は、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ