インプラントはどのくらい保つ

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いとは言えません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラントの値段治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。
インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。実は、かかる費用は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。
これはインプラントの値段治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。
自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラントの値段治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントの値段がしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。一般的なインプラントの値段治療は、大きな3つの関門があります。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というのがだいたいの流れです。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ