少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブ

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探して、問い合わせてみましょう。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ