人工歯根をあごの骨に埋め込む

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
急患でも診療を受けることが必要です。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ