歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。
歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ